ここから本文です。

会社情報

TOP >  会社情報  > 沿革

沿革

昭和51年 5月 会社設立 札幌市東区本町2条10丁目1番6号
7月 営業開始
昭和52年 3月 自動炊飯器・自動包装機装置を導入
9月 オフィス・コンピュータ導入
昭和53年 4月 新型自動炊飯器・おにぎり成型器・のり巻成型器を設置し、機械化を推進
5月 セブン-イレブン・ジャパンとの取引開始
昭和56年 11月 1,500万円を増資し、資本金2,500万円とする
昭和57年 8月 部門制の発足(本部、営業部、製造部、直販部)
12月 手稲工場新築、面積150坪(おむすび製造専門工場)
昭和59年 10月 800万円増資し、資本金3,300万円とする
昭和61年 9月 関連会社(株)ナイスコック(旭川市)設立
10月 社屋・工場を厚別第2軽工業団地内に新設・移転
昭和63年 7月 上磯工場新設
平成元年 11月 1,690万円増資し、資本金4,990万円とする
平成2年 11月 676万1千円増資し、資本金5,666万1千円とする
平成4年 3月 470万円増資し、資本金6,136万1千円とする
12月 1,803万円増資し、資本金7,939万1千円とする
平成5年 10月 (株)ナイスコックと合併、旭川工場とする
資本金12,700万円とする
平成6年 4月 札幌第2工場新設
平成7年 5月 旭川工場増築
6月 上磯新工場移転新設
平成9年 11月 (株)セブン-イレブン・ジャパン資本参加
平成10年 3月 ハウス食品(株)資本参加
10月 手稲工場を閉鎖し、札幌第2工場へ統合
平成11年 3月 北海道ローズデリカ(株)に資本参加
8月 セブン-イレブン・イトーヨーカ堂向けに特化
平成12年 3月 農林水産大臣よりごはん食推進優良事業者で表彰される
平成15年 4月 札幌第2工場次世代炊飯機導入
平成18年 2月 札幌第1工場増改築
上磯工場が函館工場に名称変更
平成19年 6月 札幌工場、NDF(日本デリカフーズ協同組合)
HACCP認定制度合格
7月 旭川工場増築
11月 函館工場、工場増築、調理麺製造開始
平成20年 10月 旭川工場、NDF(日本デリカフーズ協同組合)
HACCP認定制度合格
12月 函館工場、NDF(日本デリカフーズ協同組合)
HACCP認定制度合格
平成24年 4月 3本部制(業務本部、生産本部、商品本部)9部門制(業務管理部、商品部、購買部、品質管理部、工務部、生産管理部、札幌工場、旭川工場、函館工場)となる
10月 札幌第1工場増築に伴い、札幌第2工場を閉鎖
工場統合により、 札幌工場に名称変更
平成27年 8月 資本金1億円とする

本文ここまで

フッターメニューここまで